我慢を強いられるダイエットは失敗する

産後1年たってから、体重を計ってみると、まるで、妊婦のような体重だったことに愕然としたので、ダイエットを始めることにしました。

体重は妊娠前よりも、10キロも増えていました。特に、背中と腹部の脂肪が増えていたので、なんとか脂肪を落とす方法を考えました。

そして、手っ取り早く体重を落としたいと思い、速攻性があると評判だった、炭水化物抜きダイエットをしました。

炭水化物抜きダイエットのやり方は簡単で、ただ単に、食事から、炭水化物を抜くだけでした。
ダイエットを徹底したかったので、間食のおやつなどもやめるようにしました。

炭水化物抜きダイエットは、すぐに効果がでて、ほんの、3日で、なんと、2キロも体重が減るという嬉しい驚きがありました。

ダイエットの始めは、炭水化物抜きダイエットの評判は本当だと思って、10キロの体重を落とすのも簡単だと楽観していました。

しかし、炭水化物抜きダイエットを始めて、5日目で、非常に具合が悪くなりました。

立つとめまいがするし、熱々のご飯が食べたい、ふっくらしたパンにバターをぬって食べたいなどという欲求も募って来ました。
体調と気分が悪い中、それでも、がんばって、1週間、炭水化物抜きダイエットを続けました。

本当は、2週間ほどダイエットを続ける予定だったのですが、どうしても、お米を食べないことでイライラがとまらなくて、心を静めるために、1週間で炭水化物抜きダイエットを終了しました。

炭水化物抜きダイエットの1週間目では、体重が5キロマイナスになっていました。
一見、ダイエットに成功しているように感じますが、実は、このダイエットは、大失敗を生み出します。

というのも、あまりに、炭水化物を我慢したために、ダイエットが終わったと思った途端、炭水化物を食べたいという欲求と食欲が出てしまったのです。

1週間で5キロ落として、次の1週間で5キロ戻ってしまったという結論でした。
我慢をする短期ダイエットは、よくないと実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>