縁起を担ぐよりも好みを優先

我が家は3世代が一緒に暮らしています。
今一番の悩みは、最近足汗がすごいことです。
自律神経の乱れによって汗をかくみたいで、友達のお宅にお邪魔する時にすごく気になっているんです。
解消したというサイトをみつけたので、同じ悩みのある方はこちらを参考に。
足汗がひどい

我が家では、おせちを作るのは私と実母の役目。
日頃から家庭菜園で余るほどの野菜に恵まれているので、既製品を買わない手作りが基本です。
おせちもその延長で手作りしています。
ただ、私が子供の頃は正真正銘のおせちをお重に詰めていましたが、私が子供を産んでからのおせちは様変わりしました。

まず、お重に詰めません。
食べ散らかしてしまうとお重の方が厄介なので、全てをお皿に盛って、それぞれが食べたいものを小皿に取り分けるスタイルです。
それから、なますや数の子は父しか食べないので作る量はほんの少量。
栗きんとんは子供も母も大好きなので、小正月いっぱいは食べられるほどに大量に作っています。

そして、おせち料理の他に肉料理が登場するのも定番です。
おせちはあっさり系になってしまうために、男子には物足りないようなので。
よく登場するのは、焼き豚と鶏肉のハムです。
焼き豚はロースのブロックを購入してきて、タコ糸をぐるぐると巻きつけて作る本格派。
レシピはネットから拝借したのですが、艶々に仕上がって味もいいのでお正月定番としてエントリーしています。
そして鶏肉の胸肉を使って作るハムは、お皿に盛りつけた際にサラダを添えたり、粒マスタードを添えたりするとおもてなしとしても重宝しています。
あっさり塩味なので、お酒も選びません。

私が一番拘って作っているのが、花豆です。
この時期にキッチンに登場する石油ストーブでことことと煮るのが恒例です。
甘さはある程度しっかりとつけて、ふっくらと煮ます。
本来は黒豆なのでしょうが、花豆は少々高くても見た目も華やかな気がするので気に入っています。
おもてなしの時には、デザートとして利用。
アイスクリームの脇にちょんと載せると、和のデザートとしては最高です。

最近のおせち事情で困っていることは、かまぼこと酢だこの高騰です。
かまぼこって単なる練り物で高級でもなんでもないと思うのですが、高い。
でも紅白のかまぼこがないとなんとなく華やぎが薄れる気がして、買わないという選択肢はありえません。
酢だこも同様。
おめでたい時期の定番食品がお値段据え置きになったら、本当に嬉しいです。

私の二大コンプレックス:肌の色と体毛

私の身体コンプレックスは、背が低い、足が短いなど、挙げればキリがないくらいあるのですが、一番のコンプレックスは肌の色と体毛が濃いことです。
「白肌は七難隠す」と言われるほど白肌は綺麗に見えますが、私は生まれつき地黒です。父親が地黒なので、父親譲りだと思うのですが、太陽の光をとても吸収しやすいのです。地黒が一番の身体コンプレックスですが、地黒で嫌だと思うことが沢山あります。しかも体毛が濃いので、自分のことがゴリラにしか見れません。

困ることとしてまず、化粧が映えにくいということです。色白の方はアイシャドウ、チークと色味がそのまま綺麗に映えますが、地黒だとそうはいかないのです。ピンクのアイシャドウなど、地黒の私の肌に乗せても、綺麗に発色しません。色白の方の発色を見ると落ち込んでしまいます。
そして、洋服が綺麗に着こなせない事があります。焼けた肌だからこそ似合う服というのも、もちろんあるのですが、自分が好きなテイストはガーリーな服装なので、色白の方が似合うと思うのです。白いワンピースなど、色白の方が着るのと地黒の方が着るのとでは、印象が全く変わります。地黒だと健康的に見えすぎて、合わないように感じます。
そして、世の中が長い美白ブームということも、コンプレックスを感じます。色白が美の象徴あのような雑誌の特集も多いですし、男性も色白な女性がいいと言う方がとても多いです。色白ブームになってからますます自分の肌色が好きではなくなりました。

身体コンプレックスは誰にでも多かれ少なかれあると思いますが、地黒というのは生まれつきの肌色なので、なかなか治すことができないコンプレックスです。
太っているなどのコンプレックスはダイエットして痩せることが可能ですが、元々の肌の色は変えられません。それがより一層コンプレックスを強くするのだと思います。
美白化粧品やサプリメントなど、美白アイテムは沢山ありますが、本来の肌以上に白くすることはできません。生まれつきなので、深刻に悩んでいるわけではないですが、もし生まれ変わるなら色白に生まれたいと思います。

体毛も毎日こまめに処理していますが、本当に面倒くさいです。
コンプレックスだからでしょうか、全身のあらゆる毛が気になってしかたないので処理にとても時間がかかってしまいます。
美白になることはもう諦めたので、せめて体毛だけはどうにかしようとレーザー脱毛に通うことを考えています。

☆私の地元広島市ならこのサイト・・・レーザー脱毛広島

レーザー脱毛は医療用の脱毛方法なので安心かな~と思っています。

人生でお金がかかるタイミング

お金に困る場面は多々ありますが、その中でも特に大きな割合を占める3つの時を書きたいと思います。

まず、自身のステップアップを考えるときに資格を取ろうと思ってもお金がなくて取れない、というときです。
お金があれば、自分がしたいと思ったときに実行することが出来ます。この資格を取りたい!と思ってもそれなりにお金がかかります。道具がたくさん必要なものですと月給を超えてしまいますし、分割払いにしてしまうと一括払いよりも高くなってしまいます。
そういうときは貯金が貯まるまで待つようにしていますが、時間もかかってしまいますので、一番困るときでもあります。
幸い私は若いので親に借りることも出来ますが、やはり自分で稼げるのが一番だと思います。

二つ目の困る点は、交際費です。
急なデートや記念日に使うお金、プレゼントをしたいと思うときにお金がなくてできない、ということがあります。
やはり記念日は大切にしたいですし、デートも貴重な時間ですのでお金がないからできない、というのは寂しくもあり格好がつかないので困る場面です。プレゼントは自分の思いを形にして伝えるものですし手元にも残るので離れていても心を繋いでくれる大切なものです。言葉や手紙があれば十分、と言ってくれる彼女ではありますが、やはり彼氏の欲しがるものやデートの際に少し花を添えたいと思うものです。
デートの際にもいつも割り勘ではなく、特別な日には私が全額出したいと思います。そういった思いを叶えるためにもお金が必要だと痛感します。
そしてお金をある程度貯めたらアクセサリー等をプレゼントしています。あまり会えないときには自分の思いを言葉にしてきちんと伝え、心まで離れてしまわないように気を付けています。
彼の為に美しくなりたいし、エステに行って自分磨きもしたいものです。
しかし、時間もお金もかかるものです。私は香川県高松市に住んでいますのでこのサイト⇒〔エステ高松〕を参考に自分へのご褒美として時々行きます。

最後は親孝行、という点です。両親にはここまで育ててもらった恩がありますし、家のローンなども私が少しでも負担できれば、と思いますが毎日の生活で手一杯でそこまでお金が回らないのが悩みです。親の定年も近くなってきましたし夫婦で旅行に行かせてあげたいとも思いますが、なかなか実行には至りません。
対策法は自分にかけるお金を減らすことで、毎月の貯蓄を増やすようにしています。服飾費や、交通費など節約できるところはしています。”

年収が100万円下がり、本屋でアルバイトを始めました。

パワハラに遭い、仕事を辞めさせられたことがありました。
キャリアを生かし、また以前仕事で関わった人がどうしても来て欲しい、ということで指名されて勤務をしたにも関わらず、傲慢で自己中なある社員が転勤をしてきたために、オフィスの人間関係のバランスが崩れました。
かなり酷いパワハラで最終的にはその自己中社員から退職勧告をされました。
しかも、勧告から1週間後には辞めるということになってしまい、労働基準法にも違反をしていました。
そこから裁判を起こすまで長い道のりでした。
現在進行形で裁判中です。

その裁判にも当然お金がかかります。
転職をしたので、年収も100万円程度下がってしまいました。
パワハラに遭ったところは今までのキャリアを考慮してくれたのですが、今の職場は今までのキャリアを考慮してくれることはありません。
ですから、年収が下がってしまったのです。

100万円というのは凄く大きいです。
給料日になっても今は現実と向き合う日、という感じになってしまい、嬉しさも全くありません。
逆に1か月でもっとも落ち込む日となってしまいました。

なので最近は会社には内緒でこっそりですが週末に本屋でアルバイトを始めました。

おもてに出る内容の仕事はできないので、裏方の仕事の募集を探していたら本屋でアルバイトの募集がでていたのです。※アルバイト本屋

すぐに応募をして面接等をしてもらい合格をもらうことができました。年収が減った分どうにかして補っていかないとこのままでは本当に無一文になってしまいます。

しかし、パワハラに遭っていた時とは違い、仕事はしやすいですし、精神的にも落ち着いているので、辞めるわけにはいきません。
ここで転職をしたとしても、またパワハラに遭うのではないかと不安を抱えていかなければいけなくなるので、収入が下がったことには耐えるしかないと思います。

そこで資産運用をすることを考えました。
FXを行うことにして、実際に運用をしているのですが、急激な円の高騰や暴落についていけず、ずっと損失を出しているような状態です。
こんな常にお金のことを考えなければいけない毎日というのはうんざりしてしまいます。
ワーキングプアなので、できるだけお金は使わずに節約をしなければいけません。

思えば全てがパワハラから始まっているのです。
裁判も早くに決着がつけばいいなと思っていますが、相手がバカみたいに和解を申請してこないので苦労をしています。

 

我慢を強いられるダイエットは失敗する

産後1年たってから、体重を計ってみると、まるで、妊婦のような体重だったことに愕然としたので、ダイエットを始めることにしました。

体重は妊娠前よりも、10キロも増えていました。特に、背中と腹部の脂肪が増えていたので、なんとか脂肪を落とす方法を考えました。

そして、手っ取り早く体重を落としたいと思い、速攻性があると評判だった、炭水化物抜きダイエットをしました。

炭水化物抜きダイエットのやり方は簡単で、ただ単に、食事から、炭水化物を抜くだけでした。
ダイエットを徹底したかったので、間食のおやつなどもやめるようにしました。

炭水化物抜きダイエットは、すぐに効果がでて、ほんの、3日で、なんと、2キロも体重が減るという嬉しい驚きがありました。

ダイエットの始めは、炭水化物抜きダイエットの評判は本当だと思って、10キロの体重を落とすのも簡単だと楽観していました。

しかし、炭水化物抜きダイエットを始めて、5日目で、非常に具合が悪くなりました。

立つとめまいがするし、熱々のご飯が食べたい、ふっくらしたパンにバターをぬって食べたいなどという欲求も募って来ました。
体調と気分が悪い中、それでも、がんばって、1週間、炭水化物抜きダイエットを続けました。

本当は、2週間ほどダイエットを続ける予定だったのですが、どうしても、お米を食べないことでイライラがとまらなくて、心を静めるために、1週間で炭水化物抜きダイエットを終了しました。

炭水化物抜きダイエットの1週間目では、体重が5キロマイナスになっていました。
一見、ダイエットに成功しているように感じますが、実は、このダイエットは、大失敗を生み出します。

というのも、あまりに、炭水化物を我慢したために、ダイエットが終わったと思った途端、炭水化物を食べたいという欲求と食欲が出てしまったのです。

1週間で5キロ落として、次の1週間で5キロ戻ってしまったという結論でした。
我慢をする短期ダイエットは、よくないと実感しました。